自信がない人必見!仕事で自信をつければ毎日も輝く!

「私なんて」と少しネガティブになる事は誰にでもあると思います。しかしそんな気持ちを持ったまま仕事をすると、何かの拍子にそれが周りに伝わってしまいます。

誰もが自信をもっているかというと、もちろん誰もがどこかに悩みを抱えながら過ごしていますが、自分の悩みはできるだけ他人には伝わらないように生きているもの。

とはいえ自信の持ち方は一夜漬けで習得できることではありません。どうやって自信を持つかと言うと、成功した事例を何度も頭の中で繰り返し、また誰かが困っているときにはすぐ手を差し伸べたり、良かった事をしっかり思い出して自分自身を褒めてあげましょう。

もちろん人間なので失敗することもあります。でも失敗なんて誰にでもあることです。気にせず次は同じミスをしないよう心がけて無理をしない、考えすぎない事が大切です。

自分にしっかりと自信と考えを持っている人は表情やしぐさにもそれがオーラとして出て、きっと周囲から信頼されたり頼りになると思われるきっかけとなります。

とはいえ周りの期待はあくまで期待。裏切ることももちろんあるので、そこはあなた自身が何もかも背負うのではなく、たまにミスをしても自分を許してあげる優しさを忘れないで下さい。

他人に優しい人ほどついつい自分に厳しくなりがちです。しかし自分を追い詰めてしまうと辛く悲しい思いをたくさんしてしまいます。せっかく仕事をしているのにそんな辛い思いばかりでは毎日が楽しくなくなります。今行っている仕事はあくまでたくさんある職業の中からあなたが選んだ選択肢でしかありません。

選択肢として選んだ仕事に悩みすぎず、どうかその仕事を通して人間性を磨いてください。仕事の中で一番難しいのは周囲との調和です。適度な所で周囲との距離を置いて、自分を守るということも忘れないでくださいね。

あまりにも他人のために頑張りすぎるとパンクします。万が一人間関係がゴタゴタしてもう辛いと思ったら仕事を変えるのもひとつの選択肢です。とはいえ次の仕事に就いたときには同じようなミスを犯さないようにしましょうね。

いろんな仕事をしていくうちに知識も増えてそれが自信につながる場合もあるので、転職というのは決してネガティブなことばかりではありません。大切なのはあなたがあなたらしく輝いて毎日を送ることなのです。マイナスなオーラはあなたのせっかくの長所を隠してしまいます。

常に笑顔でいるのは難しいことですが、ネガティブな表情を顔に出さないというのは大切な事です。もちろん全知万能の人なんていません。怒ったり悲しくなった時に表情に出てしまう人もいます。それをぐっとこらえて、家に帰ったらそのガマンした自分を褒め称えてください。そしてたまったグチはなるべく職場とは関係ない人に相談したり聞いてもらいましょう。

何の気なしに口にしたグチが相手に伝わるとお互い悲しい思いをしてしまいます。ネガティブな発言を職場でしない人は周囲から見るととても輝いて見えます。あなたの周りにも憧れの人がいるのであれば、ぜひ見習って素敵な大人のオーラを出してみませんか?