ストレスを溜めない生活って?コツを知ればラクになるんです

仕事だけでなく生活していると様々なストレスに直面します。周囲との人間関係や自分の人生について、恋愛について、職場環境に関して、お金についてなど考え始めたらキリがないくらいにたくさんの悩みとストレスを抱えながら誰もが生活しています。

でもストレスと上手に付き合っていかなければいけないのが社会人であり大人の辛いところですね。そんなストレスを溜めないのは難しいですが、考え方次第で溜めにくくすることはできます。ストレスを溜めると身体に不調をきたすほか、なんとなく毎日も楽しくなくなってしまいます。

ではどうしたら楽しく過ごせるでしょうか?まず他人と比べないことが大切です!

学生時代の友人や職場の同僚など、同性といろんな話をしているとついつい自分の生活と比較してみたくなります。しかしそこは強くガマンし、人は人、自分は自分だと割り切ってください。

隣の芝は青いように見えてそれぞれ悩みを抱えているのはみんな同じです。他人と比べる回数を減らせばストレスも溜まりにくくなります。

次に適度な運動や趣味を見つけましょう。趣味があれば仕事が終わってからその趣味に打ち込めるので毎日の職場でのストレスを発散できます。

運動は科学的にもストレス発散に効果的なので、身体を動かすのも良いでしょう。しかしそんな元気もない!という人にオススメなのは休養です。平日特に満足な睡眠を取れてない人も多いと思いますが、休日に思い切り好きなだけ寝るとなぜかすっきりした、なんて経験はありませんか?

少し遅めに起きて活動してみると自然と少しだけ体がラクになります。それと部屋の掃除はなるべくこまめに行いましょう。掃除機をかけるだけでなく散らばった小物を片付ける習慣を付けておくと、会社でもデスク周辺が綺麗に保てます。

机が綺麗な人は気持ちにも余裕を持って仕事に臨めます。ゆとりを持って業務に取り組むコツでもあるので、整理整頓を心がけてみてください。そして職場内の人間関係にはついつい頭を抱えてしまうという人も多いと思いますが、職場の同僚はあくまで同僚です。深入りしすぎず、特に同僚内のトラブルには巻き込まれないように気をつけましょう。

人間関係の摩擦に巻き込まれる事ほど辛いことはありません。職場内でのストレスを最小限にするためにもあまり深入りしない事をオススメします。業務上のストレスに関しては仕事が終わったらなるべく忘れることも大切です。嫌なことほど頭の中に残ってしまいますが、上手に発散するためにもなるべく忘れるようにしましょう。

とはいえただ忘れるだけでなく同じようなミスを犯さないことも大切です。失敗を次に活かし、更なるストレスが発生しないように働くのもコツです。とにかく身体を休めることは何より大切ですが、そのためには心を休めることも大切です。

無理をせず、しっかりと睡眠を取って毎日を過ごして下さいね。自分を守るためにも上手にストレスと付き合うことも大切です。無理をせず、自分の身体の声にしっかり耳を傾けましょう。