プライベートを充実させるにはまず仕事から!

週の頭になると憂鬱になって仕事にいきたくなーい!なんて弱音を吐きながら出勤する人も多いのではないでしょうか?

毎日働かずに楽しく暮らせたらずいぶんラクなのに!なんて思いながらも職場に行けばなんとなくまた仕事モードに切り替えてまた次の休みを楽しみに毎日過ごしていませんか?

もしも毎日仕事がなければ毎日休みですが、その分休みの日というありがたさを実感することもなく、そして収入もなくなるのでやはり仕事をして休日は仕事から離れて好きなことをするというのが理想的な生活なのです。

とはいえ仕事にばかり精を出してしまうと休日は何もする気にならずぐったりしてしまいます。それではもったいないので、休日は休日でしっかりと楽しみがあるのが理想的です。それでも休日の楽しみがないという人のために提案したいのが、お部屋の掃除です。

風水的にも掃除をするとお金のめぐりがよくなるといいます。平日は仕事ばかりで家の掃除まで手が回らない人も多いと思いますが、休日にこそ掃除をすれば意外と楽しくなってきます。例えば掃除機をかけて机の上をきれいにしてみると、何かすごく充実した休日を過ごした気分になります。

逆に掃除をしないと平日と同じ家の状態のままでまるで休んでいる気分になれません。休日のうち10分でよいので、掃除をしてみましょう。すると職場でも自分の机周りが気になりだして、掃除ができるようになります。机の上がきれいだと頭の中も整理されやすく、仕事の効率も上がります。

すると職場でのあなたへの見方も良い方向へ働くので、休日に1日10分掃除をする癖をつけてみましょう。そうすれば休み明けまた仕事に行くときになんとなくすっきりした気分で行くことができます。今こうして家があること、通信機器を使ってこの記事を読んでいること、着る服を買えること、テレビを観れること、ご飯を食べれること、何もかもが仕事をした収入で購入したり生活が成り立つのです。

仕事が嫌いだとしてもやはり仕事によって私たちの生活は毎日滞りなく過ぎていきます。仕事に対して感謝の気持ちを少し持ってみましょう。今こうしてお給料をもらっていること、そしてそのお給料で生活をしていること、それに対しての感謝は忘れてはいけません。そして社会的地位を守ってくれるのは会社です。

そんな会社に少しだけ感謝の気持ちを持って、毎日仕事に励むとなんとなく仕事も楽しくなります。同じように働くならまだやりがいや楽しさを持っている方があなたの人生は輝きます。休日にしっかり休んで仕事中は仕事に精を出し、定時内に業務を終わらせて帰宅して、ゆっくりと片付いた部屋でテレビを観ると仕事中の緊張感も解放されます。

とにかくけじめをつけてゆっくりすることが何よりも大切です。仕事をがんばりすぎることも、プライベートに偏りすぎることも、あるとしても一時的なことにしましょう。人間なので毎日完璧に業務ができる人はいません。上手にけじめをつけながら、たまには自分らしさを大切に業務を行いましょう。