あなたは大丈夫?私たち社会人と心身症って?

ストレスをためずに仕事をするのはとても難しいことですが、それでもがんばって仕事をしていると頭が痛くなったりお腹が痛くなったりする人もいます。

そういった身体の不調だけでなく、最近ではだるい、疲れがとれないといった精神的不調を訴える人も増えているのをご存知でしょうか?代表的な心身症は「うつ病」ですが、それだけでなく、うつ病にも様々な症状やうつ病に発展してしまう心身症もたくさんあります。

まず・仕事中や通勤中に頭やお腹が痛い ・夜眠れない ・朝起きられない ・仕事に集中できない ・人間関係が疲れる ・だるい ・突然涙が出る ・感情の起伏が激しい ・楽しいことが減った ・食欲がなくなった ・休みの日は寝てばかり そんな症状が1カ月以上続いた場合はあなたの心が疲れてうつ状態の可能性があります。

原因は人それぞれですが辛い事をためてしまったり、人間関係に疲れながらも周囲に気を遣い続ける事により何かの拍子に思いがけない精神的な病気を発症することがあります。

「うつ病は心の風邪のようなもの」そう言われるように、だれもが心身症を起こす可能性があります。

もちろんそういった症状が改善しない場合は心療内科に行ってみる事が大切です。心療内科は私達が思っているよりも身近で患者さんはたくさんいるそうです。

勇気を出して病院に行ってみるとあなたの症状に合った薬を処方してもらえます。薬にも様々な種類があり、副作用が少ない物も最近ではたくさんあります。あなた自身が自分を大切にしなければ、あなたの体はボロボロになります。

症状が改善されない場合は1カ月程度様子を見て通院して下さい。うつ病の他に最近増えているのは、自分の仕事に自信が持てずに何度も確認したり、家を出るときに鍵をかけたのに何度も確かめてしまったり、目ざまし時計をセットしたか心配になり何度も確認したりと確認行為が増えている人は強迫神経症という病気が疑われます。

他にも他人の顔色をうかがってばかりになったり、人前で発言するのが恥ずかしい、人間関係が辛い、人混みが怖いなどの症状がある場合は社会不安症という病気も疑われます。

悩みが人それぞれあるように、症状も人それぞれです。あなた自身だけでなく周囲にも辛そうな同僚がいたら気にしてあげてください。社会に出て働くというのはものすごくエネルギーが必要です。だからこそ様々な悩みを抱えてしまい、体調を崩すだけでなくメンタルバランスを崩してしまう場合もあります。

でもそれはあなたが弱いわけではなく、人一倍繊細だからこそ心身症を発症し易いのです。だれもがその可能性と背中合わせに生きています。自分が弱いと考えず、自分の性格を理解し、受け入れる事があなた自身を守るために大切な事なのです。

ストレスの発散方法を探すのは大切ですが、決して自分にはなにもないと責めないようにしてください。ストレスを解消する方法も人それぞれです。あなたに合う趣味ができて気分が少しでも楽になることを心から願っています。