仕事を楽しくするコツはここにあるんです!

一度しかない人生、できるだけ楽しく生きていきたい!誰もがそう思っていますが、仕事の悩みはつきないものです。仕事を楽しくするためには少しずつ悩みの種を減らしていくことが大切です。

悩みの対象が「業務内容」の場合、まずは自分のキャパシティを理解して与えられた業務をまずはしっかり行うこと。仕事の速度よりも、担当業務に対して責任をもつ事が大切です。

最近では「仕事の要領が良い人よりもやる気がある人がいい」と求人の採用面接時に担当者が口を揃えて言うように、要領が悪くても一生懸命がんばっている人は必ず誰かが助けてくれます。仕事というのはチームプレイですので、個人の限界というのはもちろんあります。

しかし他人が業務を手伝ってくれるのを期待してしまうのはもちろんNGです。そして周囲に困っている人がいたら惜しみなく手を差し伸べて一緒に業務に取り組みましょう。仕事には助け合いが大切です!

次に悩みの対象が「人間関係」の場合、これは時間がかかりますが考え方を変えることが大切です。難しいですが他人との距離を適度に保つというのがとても大切です。どこかのグループに所属していない人にとっては孤独感を感じるときがあるかもしれません。

しかしグループにはグループ内にいる人にしか分からない悩みも存在します。グチや相談を聞きすぎて深入りしてしまうと、後から思わぬトラブルに巻き込まれたり気を揉むことに疲れてしまいます。適度な距離感を周囲と保つのも仕事の悩みを減らすコツです。

もうすでにどこかのグループに所属してしまった場合、できるだけグチを聞かないようにしましょう。もちろん人間なので不満はあります。業務的な不満を打ち明けたとしても誰か個人を否定したり不満に思うような話をしてしまうと、それが変な話となって周囲に広まる可能性があります。

「本音と建前」という言葉があるように、本音は自分と同じ会社ではない友人に話すようにしましょう。徐々に信頼関係が生まれた相手に関してはその人との内緒話ができるようであればその人と不満や悩みを共有し、あまり言いふらしたり軽く口に出さないようにしましょう。

それから他人の悩みを打ち明けられた場合ですが、絶対本人以外にその話をしないようにしましょう。あなたを信頼して話した内容であればあなたが周囲に話を広めたと責められる可能性もあります。適度にひとりの時間を作って過ごすのも大切ですよ。

誰もが陥りがちな悩みとして仕事と人間関係についてピックアップしましたが、いずれにしても仕事について悩みすぎないことが大切です。できるだけ自分の考え方を変えて、ストレスと上手に付き合うようにしましょう。

まずは仕事は人生の中でたくさんの時間を費やすものですが、決して人生の全てではありません。あなたが健康で楽しく仕事をすることが大切です。職場を出たらできるだけ仕事について考えないこと。そして1日1つでも仕事が「楽しかった」と思える場面を作ることを強くオススメします。

それは同僚との会話でも良いですし、進まなかった仕事が終わったなど、何でも良いので仕事が「楽しかった」と思える場面を探してみてください。