職場の人間関係に巻き込まれない5つの方法を教えます!

働く上で人間関係が円滑でないと当然仕事がしにくくなります。とはいえ会社にはいろんなタイプの人がいるものです。職場でありがちなトラブルに巻き込まれないために5つの方法を提案します。

まず1つ目は、陰口や悪口、噂話を聞かない・しないことです。考え方や方法の違いでもめることもあるでしょう。職場の同僚や上司に不満を持ったとしても、陰口は言わないように心がけましょう。話が回って本人の耳に入ってしまった場合、取り返しのつかない事になります。二度とその人からの信頼を取り戻せなくなるでしょう。

噂話も同様です。事実ではない場合、もしくは本人の気にしている内容の場合、悪気はなくても深く傷つける結果となります。噂などを耳にしたとしても自分の中でとどめて、なるべくそういった話には参加しないことをオススメします。

2つ目は態度に出さない事。これも当たり前のことですがなかなか難しいですよね。態度に出してしまうと相手に気付かれるだけでなく、回りにも気難しい人だというイメージを与えてしまいます。ついつい態度に出てしまうときもありますが、その後に話しかけるなどしてなるべくフォローして円滑な人間関係を心がけましょう。

大人の付き合いができる人ほど敵は少ないものです。職場で仕事以外のストレスを溜めないためにはこういった当たり前の事にも気をつけることをオススメします。

そして3つ目は対人関係のトラブルが起こった場合には絶対どちらかの味方とならない事。人と人とのすれ違いには必ずと言っていいほど周囲を巻き込んだ揉め事が起こります。そういった場合どちらかの肩をもつ、もしくはどちらの前でも同調してしまうと、あなたまで巻き込まれるだけでなく八方美人扱いをされる可能性すら出てきます。

絶対に同調するのではなく、ただ話を聞くだけにとどめて考えを述べないようにしましょう。仲裁したい場合はひとりで行わず、誰か他に中立となりそうな人と一緒に仲裁することが大切です。一人では考えがまとまらず、状況を悪化させる事になりかねません。仲裁を一緒にしてくれそうな相手を探してみましょう。

4つ目は社内恋愛はなるべく内密にする事。他人の社内恋愛の話を聞いた場合も同様に、気付かれないよう心がけましょう。男女のお付き合いの中でも一番難しいのが社内恋愛です。

悪気はなくてもお互いのイメージをマイナスにしてしまうので、せっかく良い付き合いをしていてもあまり良い思いをしない人もいるかもしれません。特に女性は社内恋愛に敏感です。恋人のためにもなるべく内密に、なおかつ社内に持ち込まないように心がけましょう。

最後に5つ目は自慢話やプライベートな話をしすぎないようにしましょう。これは単純にひがみやねたみなどの感情をもらってしまう可能性があるからです。つまらない妬みのせいであなたのイメージがマイナスとなったり、悪気はなくてもプライベートな話が自慢話だと相手に受け取られかねません。

とくに恋愛や子供の話を同性にするのは対抗意識やライバル心をくすぐってしまいかねないので、できるだけプライベートな話はしなようにしましょう。

そういった心がけでストレスの少ない職場環境を保つことは長期間同じ会社で働くためにはとても大切なことです。ぜひ心がけてみてください。