合わない上司や同僚との上手な付き合い方

仕事の悩みを抱える人のほとんどが人間関係に関係する不満や不安などの思いを抱いています。しかし自分も人間なら相手も人間。馬の合わない人間とも一緒に働くのが大人だというのも、頭では理解できても心がついてこないのが現状です。では、どうすれば人間関係の悩みを改善できるのでしょうか。

相手が同僚の場合の失敗例としてよくあるのが、人間関係に深入りしすぎてトラブルに巻き込まれる場合となじめなくて悩む場合、そして目に余ってしまい相手を認めたり好きになる事ができないという場合が多いものです。

そういった深入りしすぎてしまう人にありがちなのは相手の人間性が分からないうちに距離を近づけすぎてしまい、ふとしたきっかけで相手を嫌いになる、もしくは不満に思うという場合がほとんどではないでしょうか?

せっかく入社したからと積極的に同僚と会話するのはとても良いことですが、その分トラブルに巻き込まれる可能性があることを忘れてはいけません。特に他人の悪口や噂話にはとくに気をつけてください。

たとえ自分が相手の悪口を言っていないとしてもその場にいるだけでどのように話が広がるか分かりません。自分には悪気がなくても何かの拍子にトラブルに巻き込まれる可能性があるので、できるだけネガティブな話には参加しないように心がけましょう。

そんな人間関係の揉め事が起きたらどうすればいいでしょうか?気をつけたいのは人間関係のトラブルが身近に起こった場合、どちらかの味方になる等偏った選択肢は避けるようにしましょう。

中立というのは非常に難しいですが関わらないという選択肢を選ぶ事が一番悩みを減らすことが出来ます。そして最後に、他人の悩みを聞いてしまった場合は絶対に安易に人に話してはいけません。

それが本人にとって知られたくないものだとして、あなたを信頼しているからこそ話した内容であれば他人に知られるのは悩んでいる人間にとっては不本意なものです。他人に対して優しさを持った行動というのはあなたの自己防衛にも繋がります。

次に自分と馬が合わない同僚と一緒に仕事をするようになった場合、必ず適度な距離を保ってください。無理に好きになろうとして近付くと余計に相手を嫌いになろうと思ってしまいます。

適度な距離というのは人間関係を築く上でとても大切なものです。次に上司との不仲に悩む場合についてですが、これは非常に難しくデリケートな悩みです。

上司と合わない場合は他の上司に相談する、もしくはいっそのこと退職するつもりで仕事をするのも良いでしょう。いつか人事異動で上司が変わる可能性があるのならばそれを期待して働くのも良いでしょう。しかしその希望がないのであればそのまま上司との人間関係に悩み続けるようになります。

それは本人にとってはすごく苦しくて悲しいことです。しかし、その上司のせいで自分の今までの頑張りをつぶされるのはとても悔しいことです。自分の後悔しない選択肢を選ぶことが大切です。上司よりも上の人間に相談してしっかり出来る限りの事をして、それでも改善されない場合退職という選択肢を選ぶようにしましょう。

ただ退職するのではなく、次の展望を必ず見据えてください。次の展望が見えない場合は退職しても後悔するようになります。何事も考えて行動するようにこころがけましょう。