美しい大人を目指す5つのアドバイス

誰からも好かれるような素敵な上司はどこの職場にもいますよね。憧れるけど自分はそんな人間になれるか不安…でも憧れの上司のように周りから頼られる人になりたい!そんなあなたに5つのアドバイスをします。

1つ目は、仕事とプライベートをはっきりと分ける!…これはなかなか難しい事ですが、職場から出たら仕事についてなるべく考えないことです。仕事とプライベートのけじめをつけるというのは非常に難しく、しかし大切なことです。プライベートな時間は自分のためにしっかり使いましょう。

読書、掃除、趣味、何か作る、寝る、テレビを見る、だらだらする、なんでもいいので自分のために時間を使いましょう。仕事と完全に切り離して仕事について考えない時間があるからこそ、仕事中は仕事だけに集中できるのです。だからこそ仕事の質も上がり、キャパシティーも広がって周囲から信頼される大人になれます。

2つ目は、本音と建前をきちんと使い分ける事。それは決して裏表を作るという事ではなく、職場ではネガティブ発言や愚痴や陰口を言わない事です。本当は職場の人間の中で嫌いな人がいたとしても決して職場では口にしてはいけません。

とはいえ人間なので愚痴が溜まるのは当然のこと。どうやって発散するかというと、職場とは関係ない友人や恋人に聞いてもらって職場ではあまりネガティブな発言をしないようにしましょう。

3つ目はネガティブな感情を顔に出さない事。いつも笑顔で、どんなときも笑っている人は誰にでも好かれて憧れます。しかしそれはとてもストレスの溜まることです。

笑顔でいるのは難しいですが、怒った感情を隠すのは自分を守るためにも大切です。「ネガティブな感情は伝染しやすい」という言葉があるように、イライラすると周りまでカリカリしてしまいます。できるだけ平常心を保って職場では過ごすのをオススメします。

4つ目は思いやりと感謝の心を持つこと。自分がされて嫌なことは他人にしないというのは小さい頃から言われていた事ですが、大人になって本当にこの言葉の難しさと大切さを実感します。他人に対して思いやりを持てば、いつか何かの形で必ず自分に返ってきます。どんな小さなことでも「ありがとう」と口にすると、自然と職場の雰囲気もよくなります。

自分のために、相手のために、思いやりと感謝の心を忘れず相手を尊重してください。どんなに苦手な相手にも何かしてもらったときには「ありがとう」と言えるような素敵な大人になりましょう。そういった気持ちを持てば必ずあなたの魅力となって回りを引き付ける魅力となります。

一番大切なことは5つ目です。過去の経験にとらわれず、失敗も成功も次に繋げることです。大人になるとたくさんの責任が増えて自分に降りかかって来る仕事も増えて疲れてしまいます。その中で成功も失敗もたくさん経験すると思いますが、その時感じた思いや反省を自分自身の糧として次に繋げて欲しいものです。

失敗だけでなく成功した出来事を大切にして、自分自身を深めて素晴らしい大人になって下さい。この5つを意識して、周囲に憧れを持たれる様な社会人を目指してください。いろんな経験をして、素晴らしい人になりましょうね。