「ちょうどいい」が大切!仕事とプライベートのバランスとは?

残業ばかりで疲れ果てた社会人と残業もなく仕事にやりがいのない社会人、どちらもお互いに分からない苦労と悩みがあります。残業がある人は定時退社に憧れますし、定時退社の人は仕事に対するやりがいを求めているという場合も多々あります。

職場に自分がいなくても大丈夫だと思うと悲しいですし、実際あなたがいないと職場は困ってしまいます。でも残業に偏ると自分には仕事以外何もないような、からっぽな人間に思えてきます。こういった場合、心のバランスは非常に不安定になります。

それではどうしたらこのないものねだりを解決できるのでしょうか?まず、仕事以外の楽しみを見つけることが一番大切です。

仕事が終わってからフィットネスクラブに通ってみたり、家に帰ってゆっくりお風呂に浸かってみたり、休日に料理教室に通ってみたり英会話を習ってみたり、何かやりたいことがあればぜひ挑戦してみてください。

せっかく稼いだお給料なので自分のために投資して、仕事以外の楽しみを探すのです。友人や家族と食事に行くのでもいいですし、家で好きな本やテレビを観るのも良いでしょう。仕事以外の時間に楽しみを見つけることが一番大切です。

その次に仕事に対してのやりがいや楽しみを見つけてください。とはいえ仕事のやりがいはなかなか探しにくいものです。

でも、何かひとつでも仕事に対して強く自信を持ったりプライドを持っていると、仕事中の自分を愛することが出来ます。仕事中の自分に自信をもつのは非常に大切です。

職場での自分自身を評価するのは他人ですが、自己評価も大切です。自分がやったんだと自信を持って言える様な仕事をする事は本当に大切です。

ぜひ仕事に対して前向きな感情を持ち、仕事中の自分を褒められるくらいの業務をこなしてみましょう。仕事には仕事の、プライベートにはプライベートの楽しみを持つことで初めてバランスを取ることができるのです。

どちらの自分も愛することができるように、仕事中も素の自分で無理をせず少しずつ成長していってください。成長を焦ると精神的に追い詰められて辛くなってきます。

焦らずゆっくりと成長すれば必ずあなたの仕事は自信につながります。企業が雇用してあなたに任せている仕事というのはどんな業務でも重要なものです。あなたなら大丈夫!という信頼の元で仕事は任せられるのです。

それをプレッシャーと捉えずに自信に結び付けましょう。もちろん仕事中の自分に自信をつければ自然とプライベートな時間の自分にも自信をつけやすくなります。仕事の時間以外でも何か楽しみを持つと、人生はさらに楽しくなります。

どんな小さな事でも、1日1つの楽しみを探してみましょう。頭を切り替えて自分の時間は精一杯自分のために、仕事の時間は精一杯会社のために使って、どちらかに偏ることなく「ちょうどいい」自分を目指しましょう。心がガタガタになる前にしっかりと自分の土台を作り、毎日を少しでも楽しく過ごせるように心がけましょう。