仕事とプライベートを切り分けて自分の為に楽しみを作りたい!

そもそも仕事とは何のためにあるのでしょうか?

仕事とプライベートを切り分けて趣味や何か自分のために楽しみを作りたい!そんな思いはあるけれど現実は仕事が人生の中心となってしまい、休みの日でも仕事の事を考えてしまうという人は多いのではないでしょうか?

生きていく上で何をするにしても「お金」が必要となります。遊びに行くのも、住むところを確保するのも、何でもお金がかかります。「タダより高いものはない」というように、無料なものを探すほうが難しいといわれています。そこで私たちは生活していくためにお金が必要となり「仕事」をしているのですが、「仕事」をするために生活をしているのでは本末転倒です。

あくまで私たちの生活があってこそ、仕事に取り組むことができるのです。

それでもまじめに仕事に取り組んでしまうのが私たち現代人の長所であり短所であるといえます。仕事に一生懸命取り組んで精を出すというのはとても素晴らしいことです。

自分の生活のためだけでなく会社のために貢献するというのは大変素晴らしく、それは周囲からの評価となってあなたの社会的地位となって現れます。会社では仕事熱心でまじめ、という人でもふと立ち止まると自分には何もない、という漠然な不安を感じてしまう時があります。

でもどこか心にからっぽな部分ができます

その自分の中でからっぽになった部分を補うのは仕事ではないのです。

「趣味を持っている人がうらやましい」という発言をする人をよく見かけますが、趣味というのは無理やり作るものでもなければ自分がそれをすることで楽しいと感じなければ趣味とは言えません。ではそんな趣味に出会うのはどうしたらいいのでしょうか?答えは休みの日にあります。休日は仕事の疲れから日ごろの疲れや睡眠不足を補うために家でテレビを見たりゆっくりする、という人も最近では増えています。

しかしそこで家にいるのではなく外に出てみること、これが第一歩となります。自転車や車で目標を決めずにでかけてみたり、用事はないけれど本屋や家電量販店に行ってみたり、何も目標を決めずにでかけてそのお店にあるものを見ているだけで何かしたくなったり、何かを欲しくなったりすることがあります。

例えばそれが少額ならば毎日がんばる自分へのご褒美として買ったり、高額ならばそれを買うために仕事をがんばろうと奮闘させることができます。これによって、仕事をするために生活することから生活するために仕事をする、という考え方に切り替える事ができるのです。

他にも何か興味のあることや好きなことがあるのならば、それに挑戦するのも良いことです。

大切なのは仕事は欲しいものを買ったり、やりたいことをするための手段だと割り切ることです。仕事だけでなくプライベートも満たされていくと、ふと立ち止まったとしても自分の中の心の隙間はきっと埋まります。

もちろん睡眠や休息は自分の身体を守るためにもとても大切なことなので、食事と睡眠は必ずとるように心がけてくださいね。何事にも資本は身体から!無理のない生活を心がけましょう。

美しい大人を目指す5つのアドバイス

誰からも好かれるような素敵な上司はどこの職場にもいますよね。憧れるけど自分はそんな人間になれるか不安…でも憧れの上司のように周りから頼られる人になりたい!そんなあなたに5つのアドバイスをします。

1つ目は、仕事とプライベートをはっきりと分ける!…これはなかなか難しい事ですが、職場から出たら仕事についてなるべく考えないことです。仕事とプライベートのけじめをつけるというのは非常に難しく、しかし大切なことです。プライベートな時間は自分のためにしっかり使いましょう。

読書、掃除、趣味、何か作る、寝る、テレビを見る、だらだらする、なんでもいいので自分のために時間を使いましょう。仕事と完全に切り離して仕事について考えない時間があるからこそ、仕事中は仕事だけに集中できるのです。だからこそ仕事の質も上がり、キャパシティーも広がって周囲から信頼される大人になれます。

2つ目は、本音と建前をきちんと使い分ける事。それは決して裏表を作るという事ではなく、職場ではネガティブ発言や愚痴や陰口を言わない事です。本当は職場の人間の中で嫌いな人がいたとしても決して職場では口にしてはいけません。

とはいえ人間なので愚痴が溜まるのは当然のこと。どうやって発散するかというと、職場とは関係ない友人や恋人に聞いてもらって職場ではあまりネガティブな発言をしないようにしましょう。

3つ目はネガティブな感情を顔に出さない事。いつも笑顔で、どんなときも笑っている人は誰にでも好かれて憧れます。しかしそれはとてもストレスの溜まることです。

笑顔でいるのは難しいですが、怒った感情を隠すのは自分を守るためにも大切です。「ネガティブな感情は伝染しやすい」という言葉があるように、イライラすると周りまでカリカリしてしまいます。できるだけ平常心を保って職場では過ごすのをオススメします。

4つ目は思いやりと感謝の心を持つこと。自分がされて嫌なことは他人にしないというのは小さい頃から言われていた事ですが、大人になって本当にこの言葉の難しさと大切さを実感します。他人に対して思いやりを持てば、いつか何かの形で必ず自分に返ってきます。どんな小さなことでも「ありがとう」と口にすると、自然と職場の雰囲気もよくなります。

自分のために、相手のために、思いやりと感謝の心を忘れず相手を尊重してください。どんなに苦手な相手にも何かしてもらったときには「ありがとう」と言えるような素敵な大人になりましょう。そういった気持ちを持てば必ずあなたの魅力となって回りを引き付ける魅力となります。

一番大切なことは5つ目です。過去の経験にとらわれず、失敗も成功も次に繋げることです。大人になるとたくさんの責任が増えて自分に降りかかって来る仕事も増えて疲れてしまいます。その中で成功も失敗もたくさん経験すると思いますが、その時感じた思いや反省を自分自身の糧として次に繋げて欲しいものです。

失敗だけでなく成功した出来事を大切にして、自分自身を深めて素晴らしい大人になって下さい。この5つを意識して、周囲に憧れを持たれる様な社会人を目指してください。いろんな経験をして、素晴らしい人になりましょうね。

気がつけばもう30歳…仕事だけで終わらない人生にしよう

仕事が楽しくて仕方ない人によくある悩みとは?仕事に夢中になっていても時間は過ぎ、結婚や出産などの悩みを抱えながら年をとってしまうことです。仕事ばかりで婚活できずに30歳になってしまった!そんなあなたに伝えたいメッセージがあります。

まず、仕事をがんばっているあなたは輝いています。そんなあなたに好意を抱く異性も少なくないはずです。仕事を頑張っている人にはプラスのオーラが出ています。周囲からの人望や憧れもあなたのステータスとなり、あなた自身の魅力につながるのです。そんなオーラに自分で気付き、自信を持ってください。

そして次に大切なのは時間外勤務を減らすこと。残業が増えるほど仕事をするのもあなたがそれだけ会社から頼られているということですが、時間外勤務が増えれば増えるほど出会いの場に出るきっかけが減ります。

しかしそれはあなたの人生の中で非常にもったいないことです。社外で出会うはずの運命の恋人に出会う機会も台無しになり、結局社内恋愛をして周囲に知られてあなたも相手も仕事をしにくくなる、なんていうマイナスな出来事も世の中には少なくありません。

合コンやお見合いパーティーなどの場に出かけるためにも、仕事は勤務時間内で終わるように意識して勤務時間が終わったら思い切り自分のために時間を使ってください。すると心に余裕が生まれてさらにあなたの魅力は深まります。

そういった余裕が異性に伝わることであなたはさらに魅力的になります。そんなあなたを放っておくわけもないので、アプローチされてやがてお付き合いが始まる…なんてドラマのような展開もありえます。友達同士複数人で遊びに行くことでまた新たな出会いも生まれます。

時間の有効活用が大切です。もちろん、付き合う前に連絡を取り合うのも食事に行くのも仕事終わりにできればグッと相手との距離を近づけることもできます。そういった面でも、仕事ばかりではなくプライベートな時間を大切にして欲しいのです。

結婚が決まればすぐに出産、という家庭も少なくありません。女性としては葛藤があると思いますが、高齢出産といわれる30代での出産も最近では珍しくありません。30代だろうと子供を産むのは女性の最大の幸せです。何歳になろうと子供は産めるのです!どうかネガティブにならずに素敵な30歳を迎えて欲しいのです。

何歳になっても大切なのはあなたの人間味を深めていくことです。男性も同じく一番魅力的だと女性に思われるのは30代です。20代には持てなかった精神的な余裕も30代になって現れ、頼りがいのある男性へとイメージは変わっていきます。女性は何歳になっても男性に守ってもらいたいのです。

大人の男性の余裕というのは女性にはとても魅力的に映ります。ぜひそういった大人の魅力を大切にして、素敵な30歳を迎えてくださいね。どんな年齢になってもその時じゃないと出せない魅力があります。いくつになっても人は輝くのです。その輝きは内面から出るのです。

素敵な人生を歩むためにも仕事とプライベートを分けて自分の魅力を最大限に引き出してくださいね。

職場の人間関係に巻き込まれない5つの方法を教えます!

働く上で人間関係が円滑でないと当然仕事がしにくくなります。とはいえ会社にはいろんなタイプの人がいるものです。職場でありがちなトラブルに巻き込まれないために5つの方法を提案します。

まず1つ目は、陰口や悪口、噂話を聞かない・しないことです。考え方や方法の違いでもめることもあるでしょう。職場の同僚や上司に不満を持ったとしても、陰口は言わないように心がけましょう。話が回って本人の耳に入ってしまった場合、取り返しのつかない事になります。二度とその人からの信頼を取り戻せなくなるでしょう。

噂話も同様です。事実ではない場合、もしくは本人の気にしている内容の場合、悪気はなくても深く傷つける結果となります。噂などを耳にしたとしても自分の中でとどめて、なるべくそういった話には参加しないことをオススメします。

2つ目は態度に出さない事。これも当たり前のことですがなかなか難しいですよね。態度に出してしまうと相手に気付かれるだけでなく、回りにも気難しい人だというイメージを与えてしまいます。ついつい態度に出てしまうときもありますが、その後に話しかけるなどしてなるべくフォローして円滑な人間関係を心がけましょう。

大人の付き合いができる人ほど敵は少ないものです。職場で仕事以外のストレスを溜めないためにはこういった当たり前の事にも気をつけることをオススメします。

そして3つ目は対人関係のトラブルが起こった場合には絶対どちらかの味方とならない事。人と人とのすれ違いには必ずと言っていいほど周囲を巻き込んだ揉め事が起こります。そういった場合どちらかの肩をもつ、もしくはどちらの前でも同調してしまうと、あなたまで巻き込まれるだけでなく八方美人扱いをされる可能性すら出てきます。

絶対に同調するのではなく、ただ話を聞くだけにとどめて考えを述べないようにしましょう。仲裁したい場合はひとりで行わず、誰か他に中立となりそうな人と一緒に仲裁することが大切です。一人では考えがまとまらず、状況を悪化させる事になりかねません。仲裁を一緒にしてくれそうな相手を探してみましょう。

4つ目は社内恋愛はなるべく内密にする事。他人の社内恋愛の話を聞いた場合も同様に、気付かれないよう心がけましょう。男女のお付き合いの中でも一番難しいのが社内恋愛です。

悪気はなくてもお互いのイメージをマイナスにしてしまうので、せっかく良い付き合いをしていてもあまり良い思いをしない人もいるかもしれません。特に女性は社内恋愛に敏感です。恋人のためにもなるべく内密に、なおかつ社内に持ち込まないように心がけましょう。

最後に5つ目は自慢話やプライベートな話をしすぎないようにしましょう。これは単純にひがみやねたみなどの感情をもらってしまう可能性があるからです。つまらない妬みのせいであなたのイメージがマイナスとなったり、悪気はなくてもプライベートな話が自慢話だと相手に受け取られかねません。

とくに恋愛や子供の話を同性にするのは対抗意識やライバル心をくすぐってしまいかねないので、できるだけプライベートな話はしなようにしましょう。

そういった心がけでストレスの少ない職場環境を保つことは長期間同じ会社で働くためにはとても大切なことです。ぜひ心がけてみてください。

仕事を楽しくするコツはここにあるんです!

一度しかない人生、できるだけ楽しく生きていきたい!誰もがそう思っていますが、仕事の悩みはつきないものです。仕事を楽しくするためには少しずつ悩みの種を減らしていくことが大切です。

悩みの対象が「業務内容」の場合、まずは自分のキャパシティを理解して与えられた業務をまずはしっかり行うこと。仕事の速度よりも、担当業務に対して責任をもつ事が大切です。

最近では「仕事の要領が良い人よりもやる気がある人がいい」と求人の採用面接時に担当者が口を揃えて言うように、要領が悪くても一生懸命がんばっている人は必ず誰かが助けてくれます。仕事というのはチームプレイですので、個人の限界というのはもちろんあります。

しかし他人が業務を手伝ってくれるのを期待してしまうのはもちろんNGです。そして周囲に困っている人がいたら惜しみなく手を差し伸べて一緒に業務に取り組みましょう。仕事には助け合いが大切です!

次に悩みの対象が「人間関係」の場合、これは時間がかかりますが考え方を変えることが大切です。難しいですが他人との距離を適度に保つというのがとても大切です。どこかのグループに所属していない人にとっては孤独感を感じるときがあるかもしれません。

しかしグループにはグループ内にいる人にしか分からない悩みも存在します。グチや相談を聞きすぎて深入りしてしまうと、後から思わぬトラブルに巻き込まれたり気を揉むことに疲れてしまいます。適度な距離感を周囲と保つのも仕事の悩みを減らすコツです。

もうすでにどこかのグループに所属してしまった場合、できるだけグチを聞かないようにしましょう。もちろん人間なので不満はあります。業務的な不満を打ち明けたとしても誰か個人を否定したり不満に思うような話をしてしまうと、それが変な話となって周囲に広まる可能性があります。

「本音と建前」という言葉があるように、本音は自分と同じ会社ではない友人に話すようにしましょう。徐々に信頼関係が生まれた相手に関してはその人との内緒話ができるようであればその人と不満や悩みを共有し、あまり言いふらしたり軽く口に出さないようにしましょう。

それから他人の悩みを打ち明けられた場合ですが、絶対本人以外にその話をしないようにしましょう。あなたを信頼して話した内容であればあなたが周囲に話を広めたと責められる可能性もあります。適度にひとりの時間を作って過ごすのも大切ですよ。

誰もが陥りがちな悩みとして仕事と人間関係についてピックアップしましたが、いずれにしても仕事について悩みすぎないことが大切です。できるだけ自分の考え方を変えて、ストレスと上手に付き合うようにしましょう。

まずは仕事は人生の中でたくさんの時間を費やすものですが、決して人生の全てではありません。あなたが健康で楽しく仕事をすることが大切です。職場を出たらできるだけ仕事について考えないこと。そして1日1つでも仕事が「楽しかった」と思える場面を作ることを強くオススメします。

それは同僚との会話でも良いですし、進まなかった仕事が終わったなど、何でも良いので仕事が「楽しかった」と思える場面を探してみてください。